晃陽学園高等学校

Home > 学び > 晃陽学園高等学校

東京・吉祥寺の通信制高校【晃陽学園高等学校 東京・吉祥寺学習センター】


高等学校の関連情報

高等学校(こうとうがっこう)は、日本における後期中等教育段階の学校。略して高校(こうこう)と呼ばれている。その名称から誤解されることもあるが、高等教育(ISCEDレベル5)を行う学校ではなく、後期中等教育段階(ISCEDレベル3)に相当する学校である。 1948年に発足した新制の高等学校は旧制の中学校、高等女学校、実業学校を改組再編したものである。高等学校は中学校の教育を基礎とし、中学校の課程を修了した生徒に高度な普通教育および専門教育を施すことを目的とする。主に市民としての総合的な基礎教養、大学・専門学校など高等教育機関への進学準備、また就職に向けての技術・技能の習得の教育を行う。 新制の高等学校は小学区制・総合制・男女共学を原則としたものの前二者は実施には至らなかった。1990年代以降は中高一貫制の導入、単位制の実施、総合課程の導入など教育の多様化・柔軟化がみられる。 日本の高等学校の制度上の正式な英語表記はUpper Secondary Schoolである。一般には米国式のhigh schoolとの訳や、Senior high schoolとの訳(中学校のJunior high Schoolに対応した訳)もみられる。 なお、日本において学制改革後の1950年(昭和25年)まで存在した高等学校については、旧制高等学校を参照。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京・武蔵野市、吉祥寺駅徒歩2分の通信制高校、晃陽学園高等学校 東京・吉祥寺学習センターです。アットホームな環境の中で先生とやりとりしながら、マイペースで高校卒業めざして学習できます。

今の時代では、高校卒業できずにそのまま働いている人も多くなってきています。そのような状況な人は、そのまま働き続けても構わないですが、しかしながら高卒認定をまだ取得していない状態だと就職の制限が出てくるでしょう。自分自身の将来性を広げるといった意味でも、早い段階で高卒認定を取得しておくことが大事です。東京都内では、高卒認定を簡単に取得させてくれる、百戦錬磨の頼もしい通信制高校なども存在しています。通信制高校であれば、実際に足を運んで通学するタイプもありますが、通学しなくても教材を取り寄せて、インターネット回線を通して家で学ぶことができるオンラインスクールなどもあるので、かなり簡単だと言えるでしょう。例えば、登校拒否などの理由で高卒認定が取得できなかった人でも、これなら家で自分のペースにて勉強することができるので、かなりオススメとなる選択肢です。ただ、東京で活躍している通信制高校と一言に言っても、本当に数え切れない位に存在しています。だからこそ、場所選びをするときは、それなりの時間を使って慎重に選ぶようにしておきましょう。3年間にわたって変え通い続けて勉強するつもりならなおのこと、それだけ長くしっかりと勉強すると言うことを強く理解し、場所選びには時間を使うべきです。ちなみに、オンラインスクールとして通う場合も、実際に足を運ぶことができる場合でも、先に評判を必ずチェックする必要があります。東京都内の通信制高校を実際に利用して、高卒認定を取得することができた人の体験談にまずは注目してみると良いでしょう。そういった人たちの話を聞き入れて、それから無難に学校を選ぶのが基本的な流れとなってきます。最初に東京の気になる通信制高校口コミレビューなどから確認して、ある程度厳選するべきです。その後、該当する通信制高校のホームページを見て、特徴を見極めてから見学に向かうのが基本的な流れとなるでしょう。
[関連情報:通信制高校 東京