OKC

Home > 学び > OKC

中学・高校留学のOKC | ニュージーランド・オーストラリア


留学の関連情報

留学(りゅうがく、るがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国内の遠隔地に生活拠点を移して学術・技芸を学ぶこと(国内留学)を含める場合もある。 留学している人を「留学生」(りゅうがくせい、るがくしょう)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ニュージーランド・オーストラリアの中学・高校留学で34年のOKC。オーストラリア政府より表彰された日本で唯一の留学団体。現地5都市の直営事務所と16都市の日本人スタッフが留学をサポート。多くの不登校生も日本の大学に帰国子女進学を達成しています。

高校留学の国のひとつとしてニュージーランドがありますが、ニュージーランドに留学する場合どのような準備をしておいたらよいでしょうか。まず、一つはお金になります。留学をさせてあげたいけども、なかなかお金の準備ができないため断念をせざるをえない家庭もあります。最近は、留学をするとき奨学金などを手に入れてそのお金で留学をすることも可能になります。一時的に借りるお金になりますので、いずれ返さなければいけませんが、貴重なチャンスを逃さないためにも一度奨学金などを利用してみてもよいかもしれません。ただ、すべての高校留学で奨学金が出るとは限りません。中には出ないようなところもありますので、学校の留学に関する説明会などに行きその内容を確認しておいた方がよいです。現地に行く場合に必要なことですが、語学力は特に必要はありません。語学力を習得するために留学をするわけですので、特に英語ができなくても問題ないでしょう。ただし、意欲は必要になります。勉強に対する意欲がなければ、単なる海外に行った経験と何ら変わりがありません。現地で旅行するのと変わらない気分で留学をしたとしても、旅行気分以外何も得ることはないでしょう。留学である以上は、現地に行って明確な目標を持ち勉強することが重要になります。高校留学のため、それほどハードな生活を強いられることはないでしょう。日本人仲間と会おうと思えば会えるはずです。ただ、せっかく現地に行くのだから日本人同士で行動していても本格的に英語力を磨くことはできません。短期間で英語横磨くためのコツとしては、現地に行き日本人とはかけ離れた場所で活動することです。そうすると、いやでもその国の言葉を理解することができるようになります。期間によっても異なりますが、1か月もあれば日常会話の一部を習得することが可能です。もし、高校留学で英語の面白さに目覚めた場合には、それ以降もニュージーランドに行き英語の勉強をしてみると良いでしょう。

注目キーワード

語学留学
留学とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう(wikipediaより)なかでも特に語学の習得を目的として海外に滞在すること。
お茶の間留学
NOVAの画期的な英会話学習システム。 生徒はインターネット経由のテレビ電話を使って、自宅からレッスンを受けることができる。
[関連情報:高校留学 ニュージーランド