アクイル

Home > 仕事 > アクイル

ISO14001内部監査員研修の株式会社アクイル


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格!! 1名16,000円!取得コンサルティングも実施中

外部に自身の会社が環境の事を考えた生産活動等を行っている事を証明するため、ISO14001を取得したいと考えている経営者の皆さん等もいるかと思います。その際には、ISO14001内部監査が必要不可欠です。このISO14001内部監査の最大の目的の1つといえるのが、限りある自然環境の保全と、環境汚染の予防に関する取り組みがきちんと行われているかという事を調べるという点があります。これは、ISO14001規格の肝ともいえる項目で、具体的には企業として環境保全のために出来る事は何か等という事を再確認します。また、リスクを回避する以外にも、より環境を良くしていくという取り組みも行える企業は積極的に行っていくべきといえます。今では、企業に向けられる視線も厳しくなりつつあり、ある程度の環境保全活動を行うのは当然ともされています。対外的なインパクトを残すためには、自社の技術が環境の良化に活かせないかという事もISO14001内部監査で大事な項目です。また、近年特に重要視されている項目に、順守義務というものがあります。これは、様々な業界内の基準や、コンプライアンスを守るという事を言います。先述の通り、企業に向けられる視線は年々厳しさを増しており、生産活動だけでなく社会の一員としての義務を果たすような行動を取る事が求められています。とりわけ、このISO14001は他のISO規格と比べ、環境に対する基準という側面を持つため、そのようなイメージ戦略をとりたいという企業はどんな細かな事でも気遣っていく必要があるといえるでしょう。そして、この内部監査を行う際に大事な点の1つに、社内に監査員を確立するという点があります。内部監査という事で、単に環境に関する業務歴の長い人を配置しがちですが、それでは規格の理念や目的を達成出来ない可能性が高いといえます。きちんとしたISO内部監査の研修を行い、しがらみにも縛られる事が少ない人材育成が必要です。

注目キーワード

プライバシーマーク
社団法人情報サービス産業協会(JISA)と財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)の指定機関契約に基づいて、適切な個人情報の取り扱い保護措置を講じていると認められた企業に認定付与されるもの。1998年10月に定め...
[関連情報:ISO14001内部監査