JACSボートライセンススクール

Home > 学び > JACSボートライセンススクール

東京・千葉で船舶免許・ボート免許なら【JACSボートライセンススクール】


船の関連情報

船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

船舶免許、特殊小型免許、ボート免許を東京もしくは千葉で取られたい方は当スクールにお任せ下さい。

少しの努力と工夫をすれば、小型船舶免許の取得ができる教習所も、割と早い段階でピックアップすることができます。そういった場所を調べるときは、どのようなやり方でリサーチをするべきなのかをよく考えて、それから動くように心がけることが大事です。例えば身の回りで実際に小型船舶免許を取得している人がいるなら、素直にその人たちからお勧めの教習所を紹介してもらうのが確実だと言えるでしょう。紹介してもらうことによって、自分で探す手間なども大幅に省くことができるはずです。少なくとも、素人判断で適当な教習所を選ばないように心がけることが、大きなポイントとなってきます。選んだことがある人の体験談が、結局のところ最も大きな参考材料となってくれるでしょう。そういった人たちの話に耳を傾けつつ、地元で活躍している地域密着タイプの教習所などにも目を向けることが大事です。そういったところにも全く心当たりがなく、教えてくれる人もいないなら、小型船舶免許の取得ができる教習所を、インターネットなどをしながらリサーチしてみるのが得策だといえます。パソコンやスマートフォンがあれば、全国各地で活躍している教習所に目を向けることができるので、ぜひともチェックしておきたいところです。いろいろな場所をリサーチするためにインターネット上に目を向け、最初に口コミ情報を調べるのが妥当な手順となるでしょう。実際に選んだことがある人の話に耳を傾けつつ、小型船舶免許取得者のブログなどにもチェックを入れて、実際の教習所のホームページを確認するのが妥当な手順です。ホームページを調べると、どの種類の小型船舶免許を取得することができるのか、そしてそれぞれのカリキュラムや料金等はどうなっているのか、そこに注目できるようになっています。教習所によって特徴が異なってくるので気をつけておきましょう。いろいろな教習所の特徴をホームページでチェックしてから比較し、最も魅力を感じられる所に足を運んだほうが得策です。

注目キーワード

漁船
漁業に利用される船舶のこと。漁猟船や運搬船などがある。日本では漁船法により漁船登録を行って漁船登録番号を船体に標示しなければならない。また、船体重量によって1級から7級まで等級が分かれている。
船橋
東京都世田谷区船橋1〜7丁目のこと。 西側には、環状8号線(通称:環八)が走っている。 最寄駅は、大半が小田急小田原線の千歳船橋駅だが、北側(6・7丁目)は、京王線の八幡山駅になる場合もある。
[関連情報:小型船舶免許