英美建設

Home > 住居・家屋 > 英美建設

鉄筋コンクリート住宅(RC住宅)なら東京・埼玉対応の英美建設


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

鉄筋コンクリート住宅のことなら東京・埼玉を中心に対応している英美建設にお任せください。当社は、コンクリート住宅[通称RC住宅]の建築を得意としておりますので、ご質問やご相談などございましたらお気軽にお問い合わせください。

コンクリート住宅は何よりも耐久性がものすごく良いということがあります。木造住宅よりもはるかに頑丈な住宅とすることができるわけです。一応、鉄筋コンクリートというのは水にそんなに強くないということがあるのですがいくらでもカバーすることが出来るわけですし、とにかく安定性があるということがまずはよいところであるといえるでしょう。鉄筋コンクリートというのはやはり3階以上の住宅を作る時にはこれがお勧めできることになります。最近では木造での3階以上の戸建て住宅、ということも作れるようになっているわけですが、なんといっても2回を超える場合はやはり鉄筋コンクリートにした方が安心できるというのは間違いないでしょう。ちなみにどうしても鉄筋コンクリート自体が重いということがありますので支えるべき重さというのが階数が高くなればなるほど重くなっていくということになり、実はそこまでコストパフォーマンス的に良いものではないとも言われています。それと実は固定資産税的にも高くなるということがあります。どうしても木造住宅よりもそうなってしまうことにはなります。逆を言うと資産的な価値が高いということでもありますから、それはよいことであったりもします。それとコンクリート住宅というのはどうしてもリフォーム性というのが少なくなってしまうということがありますから、そういう意味では可変性が低いともいえます。ですが、しっかりと最初からしっかりと考えられた間取りなどであるのであれば今更リフォームをするという必要性も少ないでしょうから、その手のことはそんなに心配することはないでしょう。コンクリート住宅とは、どうしてもコスト的に高くなってしまうということがありますが、それでもまず地震に強いなどのメリットもありますから、そちらの面でも利点はあります。特に日本は地震が多い国でもありますから、それに対して強いというのは大きな魅力といえます。

注目キーワード

中古住宅
使用した住宅
住宅地
土地、宅地の利用区分の1つで主に住居を建設することを目的とした土地。日本の場合、農村部の農家集落地などを除き、ほとんどが都市計画法によって第一種住居地域などの住居地域の用途地域に指定されている場所にあ......
[関連情報:コンクリート住宅