お食事処汐路

Home > 暮らし > お食事処汐路

足立区竹ノ塚のうなぎ料理・宴会・会席料理のお食事処 創業42年汐路


日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本国政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

足立区竹の塚でうなぎ料理や宴会・会席料理をご提供している【汐路】です。創業42年、汐路名物のうなぎ、天ぷらのほか旬の素材を取り入れた会席料理を是非ご賞味ください。ご宴会のご予約はお気軽にご相談ください。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

昨年は、歴史に残る猛暑でした。深刻化する地球温暖化のことを考えると、これからも猛暑の夏は続くのではないでしょうか。夏になると気になるのが、体力と気力を奪ってしまう夏バテです。夏バテ解消の方法は幾つかありますが、やはり基本になるのが食事です。精のつく食事をすることが大切ですし、お金と手間暇を惜しまないことが鍵となります。精のつく素材の代表と言われているのが、土用の丑の日で有名なうなぎです。値段が年々高騰していますが、伝統を大切に食するのは日本人の美徳だと言われています。定番のうな重は極上の旨さですし、う巻きや肝吸いも忘れてはなりません。足立区にはうなぎの名店が多いですし、土用の丑の日に限らず多くのお客さんが訪れています。肉厚なうなぎはもちろんですが、何十年も継ぎ足しをしたタレは門外不出の味と言われています。足立区のうな重の平均的な価格は、3000~4000円と言われています。サラリーマンやOLにとっては、簡単には出せない金額かもしれません。しかし、旬の食材は旬の時期に食べるからこそ価値があるのです。そこには粋な江戸っ子文化が根付いていますし、是非食べてみると良いのではないでしょうか。食べた瞬間からパワーがみなぎりますし、仕事のパフォーマンスも上がると言われています。ここ数年、しらす稚魚の不漁によって値段が上がっています。それだけ神秘性の高い生き物と言われていますし、生態を深く知るきっかけにも繋がるのではないでしょうか。東京の中でも足立区は、良質なうなぎを確保出来る地域だと言われています。一度食べると病み付きになりますし、二度三度と足を運びたくなります。足立区は長寿でも名を馳せていますが、背景にあるのが精のつけ方ではないでしょうか。本当に美味しい食材を知っている住民は、季節の食材の意味をよく知っています。今年も間もなく土用の丑ですが、それを楽しみに待って食べてみて下さい。運命が変わります。

注目キーワード

日本料理 龍吟
日本料理
日本で独自に味付や調理法が発達した料理。一般には「和食」と呼ばれている。日本独自の料理であってもオムライスやハヤシライスなどの日本人の好みに合うように西洋料理をアレンジして生まれた「洋食」と呼ばれてい......
[関連情報:足立区 うなぎ