精密抵抗器 精密ネットワーク抵抗器のフラット電子

Home > 仕事 > 精密抵抗器 精密ネットワーク抵抗器のフラット電子

超精密級の抵抗器・高性能金属皮膜は「株式会社フラット電子」


抵抗器の関連情報

抵抗器(ていこうき、英: resistor)とは、一定の電気抵抗値を得る目的で使用される電子部品であり受動素子である。通常は「抵抗」と呼ばれることが多い。 電気回路用部品として、電流の制限や、電圧の分圧、時定数回路などの用途に用いられる。集積回路など半導体素子の内部にも抵抗素子が形成されているが、この項では独立した回路部品としての抵抗器について述べる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

超精密級の抵抗器・高性能金属皮膜は株式会社フラット電子にお任せ下さい。徹底した品質管理と先端技術の結集により世界最高水準の品質を持つ製品の製造・販売を実現。取扱商社多数。製品仕様、環境情報、価格、納期など、お気軽にお問い合わせ下さい。

抵抗器(resistor)とは、電流の流れを調整するダムのような働きを持っている部品のことです。電気製品には、電気の通り道となる電気回路と呼ばれる物がついています。この電気回路に流れてくる電流の電気抵抗値を得るための役割を持つのが抵抗器です。抵抗器は、元々電気が流れにくい素材で作られています。電気が流れにくい材料には、低抗体があります。この抵抗体に、電気がぶつかると熱が発生し、ぶつかればぶつかるほど熱が発生し続けるので、家電が高温状態になってしまいます。高温状態が続くと、当然ながら故障の原因になります。そうならないよう、電気の抵抗体を調整し、安全に流れるよう調整してくれるのが、抵抗器の役割です。電気の流れにくさを抵抗率と呼んでいますが、精密な機械や家電には、抵抗率が大きい材料が使われていることが多いです。この材料でできた抵抗体に電気を流すと、抵抗率が電気は流れにくくなります。例えば、ヘアアイロンやドライヤーなどは、一定温度以上は上がらない設定になっています。180度の温度で使用を続けた場合、温度を設定温度に保つため、抵抗体が活躍してくれます。テレビや音響機器の音量や音質にも、抵抗体が直接関わっています。音の聞こえ方、音量が一気に上がらないよう好きにボリュームを調整ができるなどの操作ができるのも、抵抗体のおかげです。抵抗体の抵抗率は一定ではないので、常に変化します。温度や環境によって変わるので、なるべく変化が少ない精密な抵抗器を使わなくてはいけません。精密な機器を作る場合には、高性能金属皮膜による抵抗器が多く使われています。高性能金属皮膜製品は、誤差や温度変化の変動が1%以内と、精密性に優れています。通常、他の抵抗器は2~3%の誤差や変化が生じるのですが、高性能金属皮膜製品は高湿度環境や、高温環境にも耐えることができます。この製品の抵抗体は、厚い膜で覆われており、腐食に対しても経年劣化のスピードが遅いです。

注目キーワード

抵抗器及びコンデンサの表示記号
日本工業規格「[]JIS C 5062[]」の標題。→ JIS C 5062
[関連情報:高性能金属皮膜 抵抗器