日本コミュニケーショントレーナー協会

Home > 学び > 日本コミュニケーショントレーナー協会

NLPの資格・学び方の情報サイト。NLPがわかるガイドブックを無料で提供。


カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

NLPは、Neuro Linguistic Programing(神経言語プログラミング)の略称です。私たちは、創始者リチャード・バンドラー米国NLP™協会認定の資格取得スクール「日本NLPアカデミー」です。

毎日通う会社でも仕事先でも、家族や友人に恋人などのプライベートでも、NLPで学ぶことを活かすことができます。占い師や超能力者でもない限り未来を見通したりすることはできませんが、NLPのスキルを身につけることにより、心の動きが手に取るようになるのは大きなメリットです。相手が何を考えているかなど、普通の人にはわかるはずがないですが、その人の行動や視線に些細な動きから読み取ることができます。優れたコミュニケーションスキルを身につけることができますので、人間関係でのトラブルは大きく減っていきますし、これまでよりもずっと生きやすくなるのもこの方法です。人への影響力を与えられる人間に成長ができますし、本人の存在感を高める方法でもあります。睡眠と暗示のメッセージの使い方をマスターすることができますし、本人の中に眠る葛藤を総合するためにもなる手段です。誰にでも秘めた能力がありますが眠っていることも多く、自分の中にある天才性を引き出すこともできます。脳をいかに効率的に使うかの方法を知ることができますし、問題解決法を導き出すのも得意となりますし、思い描く人生へ進むための道標役です。そんなNLPを自分でマスターすることにより、活かせるシーンはたくさんあります。企業のトップである経営者をはじめ、売り上げを左右するセールスにマーケティングなど、仕事での成果を出すためにも大活躍です。カウンセリングの力やコーチングの能力を向上させることができますし、政治家や経営者などに求められるリーダーシップを得ることにもなります。生きていくうえでの多くの人の悩みは人間関係ですが、夫婦や恋愛関係に上司や部下など、あらゆる人間関係をよくするためにも活かせるのがNLPです。学校を始め家庭では親子関係、それに予備校の先生など、幅広い教育の場で活かすこともできます。これまで抱えてきたトラウマの解除や恐怖症やあがり症の克服、禁煙やダイエットの達成も期待ができることです。

注目キーワード

ピア・カウンセリング
障害者が、当事者同士集まり、お互いの苦しさ、辛さを話しあうことにより、辛さを分かち合い、助言しあっていくこと。略称、ピア・カン。 身体障害者から生まれた運動だが、精神障害者や、思春期の悩み対策などにも......
カウンセリング・マインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
[関連情報:NLP