つくしんぼ

Home > 嗜好 > つくしんぼ

農業体験なら千葉の貸し農園・レンタルファーム【つくしんぼ】


の関連情報

バーベキュー(英: barbecue、米: barbeque)とは、薪、炭、豆炭などの弱火によって肉や野菜、魚介類などをじっくり焼く料理、もしくは煙で燻すその調理法や行為を指す。定義では、半日以上じっくりと火を通した豚の丸焼きなどを指す。短時間の直火だけで肉を焼き食す行為はグリル(英語: grill)となる。 語源は、西インド諸島の先住民であるタイノ族の肉の丸焼き用の木枠(直火に当たらないように生木で組んだプラットフォームを使った調理法)を指す言葉(バルバコア)が、「丸焼き」を意味するスペイン語のbarbacoaに転化したもの。英語圏ではBBQ(cueがQに置き換わる)やB.B.Q.、Bar-B-Cue、Bar-B-Qと略されることがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

千葉県印西市の貸し農園・レンタルファーム【つくしんぼ】で農業体験!一区画広々11坪、週末にほのぼの農業体験してみませんか?初心者大歓迎です。

以前までは農業はきつくて汚れることが多く、重労働の割に収入が少ないということで、不人気な職業でした。しかし食料自給率の減少と機械化による労働者の負担軽減、品種改良や農作業の改善で就労しやすい環境が整いつつあり、都会からIターンで地方に移住して農業を新規で始める人も増えています。千葉は都心から近く、それでいて農地が多いので、農業を始めたい人にはとてもいい条件が揃っていると言えるでしょう。それは農業について経験や知識が無い人が理想だけを抱いて農業に参入しても、そこにはいろいろな障害があるので止めてしまう人も多いため、まずは農業体験を行ってから本格的な進路を決めた方がいいからです。千葉であれば平日は都心で働き、休みを利用して農業体験をすることが可能な立地にあり、本業に負担をかけることが少なくできます。農業というのはビニールハウスを使えばある程度は人間の管理下で行えますが、そのノウハウや経験がなければ初期投資が大きいだけに、回収することが難しくなります。そのため新規で始めるのであれば初期投資か安く済む露地栽培がおすすめですが、露地栽培は自然や鳥獣の駆除など、様々な問題に直面します。本業を辞めて農業を始めた場合、最初はどうしても収穫量が安定せず、自然災害や病気の蔓延、鳥獣被害で一瞬の内に全滅する可能性もあります。そのため、まずは農業体験を実際に行ってみて、どのような被害を受けるのか、また、その場合の対処法を経験者から聞いて役立てるということが大切になります。農業というのは基本的に一つの作物が販売できる状態にならなければ収入にならず、その間の肥料や道具、機械の燃料代や維持管理費は個人負担になります。農業の場合は税制面で給与所得者よりも配慮してもらえますが、それも収入があっての話なので、収入が無いのでは話になりません。農業は生きている作物を相手にしなければいけないため、自分の考えたように進まない仕事になります。そのため、いきなり農業に参入するのはとても危険なので、まずは千葉など近隣の農業が盛んな地域に出向き、そこで農業体験を行ってから本格的に進路を検討するのが最適なやり方です。

注目キーワード

バーベキュー
:北米料理 野外で肉などを調理すると言う意味のバルバコア=barbacoa というスペイン語が広まって、英語のバーベキュー=barbecue (BBQ)として定着。 最近では”バーベキュー愛好者人口”は4500万人というデータが...
バーベキュー検定
日本バーベキュー協会が考案したBBQ文化を普及していく為の人材開発システム(資格制度)。
[関連情報:農業体験 千葉