家庭用・業務用軟水器イオンソフナー

Home > 購入 > 家庭用・業務用軟水器イオンソフナー

家庭用・業務用軟水器イオンソフナー


軟水器の関連情報

軟水器(なんすいき)とは、水の中に含まれるカルシウムイオンやマグネシウムイオンなどの陽イオンを、イオン交換樹脂の働きでナトリウムイオンに置き換える働きを持つ装置、または器具のことである。 同じくイオン交換樹脂を使って水中のイオンを全て取り除こうとする(言い換えれば水中の陽イオンを水素イオンに、陰イオンを水酸化物イオンに置き換える)純水器(じゅんすいき)とは区別される。また最近では、意味が拡大解釈されて単に水道水や硬水から軟水を造り出す装置、または器具の意味で用いられることもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

井戸水は、水道水よりは美味しいと評価される事も多いです。特に水道水の中に含まれる塩素を気にしている方は、少なくありません。確かにその成分は、人体にはあまり良くありません。それよりも井戸水の方が美味しいですし、普段からそれを飲んでいる方も多いです。ですが、実は井戸水も安全ではありません。かえって水道水よりはリスクが大きいこともありますから、注意が必要です。というのも井戸水によっては、たまに色が変わっている事があります。なぜか井戸から採取される水が赤くなっていたり、黒い色が混ざっているケースもあります。水の色が変わってしまう理由は、主に金属成分です。水道水も、たまに赤錆などが混ざっている事もあります。それと同様で、井戸から採取される水にも多くの鉄分が含まれている事もある訳です。また水が黒い色になるのは、たいていマンガンに原因が潜んでいます。地下水の中に多くのマンガンが入っていると、黒い色になってしまう訳です。その鉄分やマンガンなどの成分が多いのは、あまり人体には良くありません。かえって水道水の方が安全なことさえあります。そうかと言って水道水はあまり味が良くない事も多いです。どうすれば良いかというと、井戸から採取される水に対して、浄水器を使用してみると良いでしょう。そもそも浄水器にも、色々なタイプがあります。水道水の蛇口だけに取り付けるタイプでなく、井戸から採れる水にも使うことは可能です。その浄水器を取り付けてみれば、水道水よりもおいしい水を賞味できますし、有害成分も問題ありません。ただし浄水機器は、それぞれ性能も異なります。浄水性能が優れている機器もあれば、そうでない機器もある訳です。基本的には、資料請求などで比較するのが無難です。色々な業者から無料パンフレットを取り寄せて、各社の製品を比べてみると良いでしょう。業者によっては体験サービスもありますし、それも活用して比較してみるのがおすすめです。
[関連情報:井戸水 浄水器