誠友堂

Home > 仕事 > 誠友堂

事例紹介 | 金は小分け分割で節税&マイナンバー対策【銀座誠友堂】


装身具の関連情報

装身具(そうしんぐ)とは、指輪やネックレス、ペンダント、イヤリングなど、衣類と合わせて身を飾るための工芸品である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

金の売却・贈与・相続などの事例を紹介しております。金を小分けに分割して節税。金は100g単位の小分けにすればマイナンバーと支払い調書を提出する義務がなくなります。

所有をしている資産に対して適切な金額の納税を行わなければいけませんが、それでもその金額に納得がいかないということもあるでしょう。また経費として計上をすることができるものもあり、それを利益として考えてしまうと結果的に損をすることになってしまいます。経費としてどんなものが計上できるのか、ということを知っておけば節税にもつながります。何でも納税をすればいいというわけではありません。適切な金額でなければいけないので、節税対策もしっかりと行うことが必要になります。知識がなければ対策をすることができないので、自分でどんな節税があるのか勉強をするのもよいでしょう。しかし勉強をしてもよく分からない点は出てきてしまいます。自分で節税だと認識をしていても、実は脱税になっていた、という可能性もあります。ですから対策も継続をしていきたいと考えているのであれば、相談をすることができる税理士がいたほうがよいでしょう。個人ではなく法人としての付き合いを考えているのであれば、顧問税理士がいると助かります。どういうところに顧問を依頼すればいいのか分からないということもあるでしょう。そんな時には紹介をしてもらうとよいです。付き合いのある税理士がいる企業はとても多いので、実際にどういう業種でどんな税理士事務所に顧問契約を依頼しているのか、ということを教えてもらうとよいでしょう。脱税をしていたということになってしまえば、企業のイメージダウンにもつながってしまうので、それは避けなければいけません。それでも多く納税をしてしまうとその分が利益から消えてしまうということになるので、過不足なく納税をするように心がける必要があります。注意点もたくさんあるので、プロに相談をするという方法をとったほうが確実ということができるでしょう。分からないことも多い税金のことなので素人で勝手に判断をしてしまうのは、かなり危険ですし、リスクもあります。
[関連情報:金 節税