LOVEOX

Home > サービス事業 > LOVEOX

工作機械の予防保全 | 基板修理、サーボモータ、サーボドライバ修理のプロ集団【ラヴォックス】


建設機械の関連情報

建設機械(けんせつきかい、英語: construction equipment)は、土木・建築の作業(工事)に使われる機械の総称である。省略して建機(けんき)、または重機(じゅうき、heavy equipment)とも呼称される。人力で施工することが困難な作業を機械化したものがほとんどである。高度経済成長の時代に高層建築や道路整備などで建設機械が日本の社会資本整備に果たした成果は大きい。20世紀末から21世紀現在では、公共事業のコスト削減が叫ばれており建設機械にはさらなる作業の効率化などの役割が求められる。 日本での建設機械需要の60%強は、レンタル機の活用に移ってきている。建設業者の経営合理化に向け、機械経費削減のために、この流れはまだまだ加速している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

プリント基板・工作機械の予防保全・メンテナンスならプロ集団のラヴォックスへ。電子部品の故障を解析することで今後のトラブルを回避できます。故障でお悩みの方は是非お問い合わせください。

工場などで動いている工作機械に関しては、回路基盤の寿命を延ばすことも非常に重要なポイントとなります。心臓部といっても過言ではないので、日ごろから意識してメンテナンスを行い、若返りを定期的に図ることも肝心です。そのためにも、工作機械に精通している業者に、修理屋交換、そして予防保全等を行ってもらうようにしましょう。特に予防保全に関しては、定期的な洗浄、そして外部からの衝撃から守るコーティング作業など、重要な作業がたくさんあります。そして、種類によっては、バックアップなどを取っておく必要もあり、そこには専門的な知識が必要となってくるはずです。会社に在籍している人間がそれらを実践できるなら特に問題は無いかもしれませんが、それでもやはり、百戦錬磨のプロフェッショナルな腕前を持つ業者にお願いをした方が良いでしょう。今までその類の作業を工作機械修理業者などにお願いしたことが無いなら、まずは信頼できる業者がどこになるのかを見極めて、声をかけられるようにしておくべきです。インターネット上の口コミを確認できる情報サイトや、人気ランキングサイトなどを有効活用すると、予防保全までしっかりと行ってくれる専門業者の情報を把握することができます。全国規模で、回路基板の若返りなどを図ってくれる優秀な業者を探すことができるので、絶対に見逃さないようにしましょう。大手の企業や、有名な工場の工作機械の改善の手助けをしてきたような、間違いのない実績を持つ業者に声をかけるのが妥当です。マイナーな業者に比べれば、予防保全を行う際にそれなりの高額な金額になるかもしれませんが、それ相応の価値のある選択肢だといえます。いちどだけではなく、定期的な予防保全を行ってもらうことにより、工作機械の若返りへとつながり、機械の全体的なダウンタイムを短くできるでしょう。同時に、現場で働いている従業員のモチベーションも高まり、品質向上へとつながっていきます。

注目キーワード

建設機械施工技士
日本の建設関連の国家資格の1つ。日本建設機械化協会が試験を実施している。1級と2級がある。
日本建設機械化協会
日本の経済産業省と国土交通省所管の社団法人。建設事業の機械化を推進などを行っている団体である。東京都港区芝公園に本部がある。1949年設立。
[関連情報:工作機械 予防保全