アテネ・フランセ

Home > 学び > アテネ・フランセ

フランス語 会話|アテネフランセ


フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フランス語で会話したいならフランス語学校、アテネ・フランセへ。全くの初学者から上級者まで、目的とレベルにあった講座を用意しています。フランス語を学びたい皆様のご登録をお待ちしています。

フランス語で会話できるようになる為には、スクールに通う方法があります。実際スクールは、確かにメリットが大きいです。そこに通えば、確実に仏語で話す事ができます。何回かそこで仏語で話す経験を積めば、自然と自信が出てきます。また何回かスクールに通い続けると、自然と同級生と仲良くなります。一緒に学ぶ仲間がいるだけでも、学習効率が良くなる事も多いです。ところで仏語のスピーキング力を伸ばしたい時は、音声教材を使用する方法もあります。実は、音声教材も意外と軽視できません。確かにスクールに行けば、話す機会はあります。しかしフランス語で話すにしても、まずは単語やフレーズなどを覚えておかなければありません。英語もそれは同様です。英単語を全く覚えていない状態で、英会話できません。ですから仏語で会話する為には、最低限のフレーズや単語は覚える必要はあります。それには音声教材が最適です。何回か音声教材を聞き続けていけば、自然とフランス語の発音の特徴なども耳に焼き付いてきます。すなわち音像が残る訳です。日本人の歌手が歌っているCDを毎日聞き続けていけば、自然とメロディーも耳に残るでしょう。それと同じく、仏語のフレーズや単語も耳に残る訳です。一旦耳に像が残ってくれれば、単語も覚えやすくなります。ではスクールと音声教材のどちらがおすすめかと言うと、両方です。その2つを併用するのが、一番おすすめです。その方法ですが、普段は音声教材を聞く癖を付けておきます。どこかに外出する時も、イヤホンなどでフランス語の音声を聞くよう心がけておきます。フランス語のスクールに通学する時も、音声教材を聞きます。それで音像が耳に残った状態で、スクールでレッスンを受ける方が、会話するスキルも伸びやすい傾向があります。スクールに通うだけで仏語のレベルを高められるとは限りませんから、注意が必要です。もちろん音声教材だけでは、会話の練習はできません。ですから両者を組み合わせるのが、一番おすすめです。

注目キーワード

フランス語圏
フランス語が通じる圏域。公用語や準公用語にフランス語が設定されている国・地域の総称であり、フランスの旧植民地が広がっていたアフリカ西北部に多い。フランス語の話者を「フランコフォン(francophone)」と、...
フランス語講座
*NHKラジオフランス語講座 英語、ドイツ語とならんで戦前からあるラジオ講座のひとつ。応用編ではカリブ海地域、アフリカの作家も取り上げられるようになった。 -主な講師 青井明 天羽均 稲垣直樹 井上美穂 ......
[関連情報:フランス語 会話