アテネ・フランセ

Home > 学び > アテネ・フランセ

英語学校 英会話スクール|アテネフランセ 御茶ノ水


英語の関連情報

英語(えいご、English)は、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

英会話スクールとして定評の東京 御茶ノ水の英語学校、アテネフランセ。

英語学校に通うなら、まずは学校を選ぶ必要があります。学校を選ぶ際には、料金が比較される事が多いです。そもそも英語スクールの学費も、それぞれ異なります。料金がやや高めな学校もあれば、格安な学校もありますので、費用を基準に学校を選んでいる方々も多いです。確かに費用も大切ですが、学校の立地も軽視できません。料金よりも、場所の方が大切という声も多いです。どういう事かと言うと、その学校で学ぶ為には、通学し続ける必要があります。それなりに長い日数は通い続ける事になるので、手間の問題が浮上してくる訳です。ほぼ毎週通うとなると、英語学校が遠いのは大変です。少々極端な例ですが、自宅から片道2時間ぐらいの学校に通うのは大変です。通学するだけでも、かなり時間を取られてしまいます。しかし自宅から数十分程度の学校なら、通うのはそれほど大変ではありません。現に子供英会話の学校などは、自宅からの距離が重視される事も多いです。自宅の近所にある学校は、よく選ばれています。ちなみにビジネス英会話の学校の場合は、かなり良い場所に立地している事も多いです。例えば駅から2分や3分程度の学校や、駅に直結したビルの中にある学校です。駅直結の学校なら、通勤のついでに通う事もできます。都心部にある学校などは、全般的に良い場所に立地している傾向があります。たとえ学費が安い学校でも、自宅や職場から遠く離れていますと、通い続けるのも難しくなってしまいます。ですから学校の立地は、決して軽視できません。ちなみに利便性だけを重視するなら、オンライン英会話という方法もあります。オンラインなら、自宅でも学べるからです。しかしその方法の場合は、必ずしもプロの講師が教えているとは限りません。あまり英語教育に詳しくない学生と話すケースも多く、必ずしも英語力を伸ばせるとは限りません。オンライン英会話よりは、やはり職場や自宅から近い場所にある英語学校がおすすめです。

注目キーワード

英語キーボード
英語圏の人向けのキーボード。 日本人でもけっこう好きな人が多い。
英語教師
英語の教師。
[関連情報:英語学校