JAPANDOGACADEMY

Home > サービス事業 > JAPANDOGACADEMY

ドッグトレーナースクールは専門学校の『ウィジードッグアカデミー』


犬の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ドッグトレーナースクール、専門学校ウィジードッグアカデミー。ドッグトレーナーやドッグセラピストを目指す人へのカリキュラムが充実、ドックスペシャリストを養成する専門学校です。無料学校見学・説明会も実施中!ぜひお越しください。

某専門学校では、大型犬を中心にトレーニングが行えるようです。大型犬は体格も、パワーも相当なものですから、ドッグトレーナーに男性が多い理由も図り知れます。ですから、大型犬は幼少期にしつけが必要ですし、スキルアップしたドッグインストラクターならば、その犬を見ただけで、どんな性格でどう生活してきた犬なのか、すぐ分かるそうです。犬とは会話は不成立、だからこそボディランゲージというものがあり、体当たりされることがないよう、しつけは大事だと言われています。ドッグトレーナーを養成するスクールでも、信頼関係がなく、圧倒的な服従関係を作るところもあるでしょう。それは盲導犬や警察犬など、人に服従させなければならないことも理由のようです。ドッグトレーナーのスクールは、全国的にまだまだ少ないようですが、20代から幅広い職業、経歴の方が通っているのもここ最近の話です。愛犬のしつけを目的とする方が増えていることが理由の1つ、また、ボランティアやドッグウォーカー、ペットシッターなども通っているようです。犬好きだから沢山の犬種と触れ合いを期待していても、意外な話、直接触れあう機会はあっても、目移りするほどの種類がスクール内に飼育されていることはそうそうありません。実際には、一般家庭で飼育されている犬を技術指導の目的で預かるスクールが多いようです。まだしつけされていない子犬から、試験に合格した成犬までがいます。犬種の違いで、性格や特徴も違います。多種多様な犬を揃えることなく、その時その時の授業内容に的を絞った犬が使われています。ドッグトレーナーを養成するスクールと一口に言っても、家庭犬のトレーニングを学べるスクールであったり、ドッグショーのための専属トレーナーとなる学びなど様々です。ですが、どの使役犬の授業においても、共通部分は家庭犬からスタートするということにあるようです。スキルアップできるスクールでならば、その知識や技術を飼い主に正しく教える立場にさえ立つことが可能になります。国際資格をはじめ、講師は経験豊富、現役のドッグトレーナーも席をおく、こうしたところを選びたいものです。

注目キーワード

犬種
 長期にわたって人類のもっとも忠実なパートナーとなってきたイヌたちに手を加え、人から見て有用な形質を持つイヌに改変していき、そして�犬泙譴燭里� 犬種である。
負け犬
いわゆる「30代以上・未婚・子無し」の人間をさす。 酒井順子が『負け犬の遠吠え』((ちなみに著者自らを負け犬と認めており,「弱さを認めた犬のようにお腹を見せておいた方が�犬⑯廚ぁ廚�30代独身女性(キャリア女性......