アライブレンタル合同会社

Home > 嗜好 > アライブレンタル合同会社

楽器レンタルチーム アライヴ|音響機材を東京近郊で安く借りるなら


楽器の関連情報

楽器(がっき、英: musical instrumentあるいは単に英: instrument)とは一般的には「音楽の素材としての音を発するための道具の総称」「音楽に使用される音を出す器具」とされる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

楽器レンタルサービス、東京のアライブ楽器レンタルチームです。その他PA・音響機器も各種取り扱っております。学園祭でのライブや披露宴、パーティーやセミナーなど運搬からセッティングまでお任せください。

楽器をレンタルする方法は、主に2種類あります。お店などに訪問して楽器を借りるか、郵送で借りる方法です。傷などが不安な時は、後者の郵送が推奨されます。その具体的な流れですが、まずはレンタル業者に連絡します。借りたいという旨を連絡する訳ですが、具体的にどの楽器を借りるかも指定して、現物を郵送してもらう訳です。ちなみに殆どのレンタル業者は、料金を支払った後に郵送してくれます。そして楽器を受け取る訳ですが、この方法は傷が付きづらいメリットがあります。店頭で受け取る方法の場合は、お店から運ぶ必要があります。問題は運ぶ道中です。そもそも楽器は、非常にデリケートです。それがどこかに衝突しただけで、傷が付いてしまうケースも多いです。もしも傷が付いてしまうと、追加料金が徴収されてしまう場合があります。それに比べると、郵送の方が安全です。演奏したい場所まで郵送してもらえば、わざわざ運ぶ必要もないので、傷が付きづらくなります。ですが早さを重視するなら、かえって店頭受け取りの方が便利な事も多いです。というのも郵送という方法ですと、品物が手元に届くまで時間がかかります。お店から自宅まで距離が少々離れていれば、数日ほどかかってしまう事もあります。ですから急ぎで演奏したい時は、少々不便です。お店の場所によっては、むしろ店頭受け取りの方が早い事もあります。自宅から歩いて数十分の場所にお店があるなら、かえって郵送よりも早く受け取れるからです。運ぶ時に傷がつかないよう注意する必要はありますが、それでも早く演奏したい時は、むしろ店頭受け取りの方が便利な事もあります。受け取りだけではありません。返却に関するメリットもあります。一旦は楽器を受け取ったら、最終的には返す事になりますが、それも店頭で受け付けてくれるからです。場所によっては、郵送するよりも速やかに楽器を返却できます。ですからスピードを求めるなら店頭受け取りがおすすめで、傷が心配な時は郵送受け取りが推奨されます。

注目キーワード

打楽器
叩く・打つ・振るなどのことによって音を鳴らす楽器の総称。パーカッション。 *例 -スネアドラム(小太鼓) -バスドラム(大太鼓) -シンバル -ティンパニ -コンガ -ボンゴ -ティンバレス -シロフォン(木琴) -マリンバ ...
島村楽器
全国展開を行う楽器店。楽器販売、音楽教室運営を行っている。 [http://www.shimamura.co.jp/index2.html:image]
[関連情報:楽器 レンタル