横浜コンパス

Home > 住居・家屋 > 横浜コンパス

貸店舗・貸事務所は横浜コンパス|テナント専門で約15年の情報力と提案力


賃貸借の関連情報

賃貸借(ちんたいしゃく)とは、当事者の一方(貸主、賃貸人)がある物の使用及び収益を相手方(借主、賃借人)にさせることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することを内容とする契約。日本の民法では典型契約の一種とされる(民法第601条)。 日本の民法は、以下で条数のみ記載する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

横浜・みなとみらいの貸店舗・貸事務所をお探しなら横浜本社でテナント専門15年の情報力と提案力のスマートコンパスにお任せ下さい。開発情報・非公開情報も提供できるのが強みです。物件探しから内装工事・お引越しまで私たちの専門知識をご活用下さい。

暮らしやすさ、家賃負担の少なさといったメリットから賃貸マンションが一番、と考えている方も多いはずです。駅周辺の開発が全国規模で進んでいることあって賃貸マンションの選択肢も増えており、希望に合った物件を探しやすくなっている点も大きなメリットでしょう。 ただ選択肢が多い分、事前に十分な情報収集を行ったうえで選ぶことが大事になってきます。後になって「やっぱりあっちのマンションにしておけばよかった」と後悔したくないですし、いざ暮らし始めた後になって「事前に聞いていた話と違う」といった不満も持ちたくないものです。 賃貸マンションの選び方のポイントはいくつもありますが、やはり快適な暮らしができるがどうかをまず重視しましょう。マンションは集合住宅ですから、思わぬ形で快適な暮らしが損なわれてしまうこともあるのです。まず騒音の問題。隣人の騒音に悩まされてしまうだけでなく、自分が立てる騒音が隣人に迷惑をかけてしまうこともあります。遮音・防音がどれだけ機能しているか、壁は十分な厚みがあるかなど、音に関する環境も確認しておきましょう。この点は自分ひとりだけでは確認が難しい部分もあるので不動産会社にしっかり確認しておくなどの工夫も必要です。 それから共用スペースのチェック。エントランスや廊下、ゴミ捨て場など、マンションの住民全員が使用するスペースの状態でそのマンションの管理状態や住民のレベルなどを確認することができます。建物はキレイなのに共用スペースの管理が行き届いていない、乱雑だったり汚れていたりしている場合にはあまりよい環境ではないと判断した方がよいでしょう。 あと見逃せないのが日当たりと眺望です。マンションの場合日当たりがよくないと洗濯物が乾きませんし、眺望が悪いと部屋全体が暗くなったり、ストレスを感じてしまうようになるからです。できるだけ開放感を感じられる部屋を選びましょう。 こうした暮らしやすさを意識してチェックしていくだけでもよい賃貸マンションをかなり絞り込んでいくことができるはずです。

注目キーワード

短期賃貸借契約
金融機関などが担保物件として抵当権を設定した不動産を借りるときに行う3年以内(家屋の場合。土地は5年以内)の賃貸借契約。その不動産が競売で落札され明け渡しを求められると、通常は落札者に所有権が移転してか......
賃貸借
一方が土地や建物などを使用収益をさせ、また、もう一方がその対価として賃金を支払う契約。