fleston

Home > 仕事 > fleston

商品撮影・EC撮影・物撮り 株式会社fleston (フレストン)


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

商品撮影なら株式会社flestonにお任せ下さい。EC撮影の経験が豊富なプロカメラマンによる各種撮影にご対応が可能致します。商品撮影 ではアパレル撮影やアクセサリー・雑貨など幅広く 低価格で ご対応が可能でございます。EC事業者様 個人様 商品撮影のご相談はフレストンまで!

もう夜じゃない! 制作に時間かかりすぎたわ~ 季節の変わり目ってどうしても新作を発表したくなるのよ~ 購入する側として考えても、春には軽やかなアクセサリーが欲しくなったりね。 冬にはファーやニットがあしらわれたバッグが持ちたくなったりするじゃない? 既製品、ハンドメイド市場で考えても売り上げが伸びるときなのよ。 需要がある限りはがんばらないとね! そんなわけで新作のデザイン考えて試作を重ねて、出来上がったと思ったらこんな時間よ。 明日はお出かけあるし今日商品撮影までやってしまいたかったのに~ 仕方ないわ、道具引っ張り出してくるわよ。 商品の撮影ってね、カメラの腕前普通レベル以上あるのは前提とするからアングルはもちろんのこと、配置や照明で作品の出来そのものにまで関わってくるの。 どの角度から撮るかによって安っぽく見えるか高級感を出せるか。 作品だけを写すか、相性を考えながら植物を入れ込んでみたり小物で飾ってみたり…これ小道具よね。 照明なら自然光や太陽光か、LEDみたいな明るい光かバスルームみたいな暖かい柔らかい光か。 ネットショッピングで欲しいものを選ぶときの基準にもなると思うんだけど、何パターンか画像を用意してくれてるのはだいたい同じカラーでも色が違って見えると思うわ。 持つシチュエーションによって参考にする写真は考えた方がいいのよ。 室内に設置するものなら屋内で撮影してそうなのを見る。 バッグなら、明るい屋外で持ち歩く時間が長いと思うから明るい写真がいいんだけど… 同じ「明るい」でも太陽光と蛍光灯じゃ色に違いが出ちゃう。 布やニット製品でもアクセサリーでも、自然光が一番実物に近い色味で見ることができるの。 「太陽の下で撮影しています」って説明してくれてる親切なショップもあるわよね。 もちろんそれぞれ見てる側のモニターの特性によっては青みがかって見えたりしちゃうこともあるわ。 ってやだ、長々と語っちゃったじゃない。 ま、おなじ商品でも届いたら思ってた色と違った!なんてこともあるから参考にして欲しいわ。 もちろん商品撮影にあたって色って誰も悩ましく思ってるはずだから、気になる人は直接質問してみるのもいいと思うわ。 照明機器を使っててもプロは実物に近い色合いで撮るだろうから私が一概に言い切れるところじゃないしね。 そんなわけで私はまだ仕事が残ってるけれどみなさんはしっかり休んでちょうだいね。

注目キーワード

顔写真
-顔が正面から写っているバストアップの写真。 証明写真に使えるそれと使えない笑顔のもの電話を持ったりポージングしているものがある 一般的なプリクラも顔写真の一種であろう -安易にWEBで公開しない様に注意を呼
写真集
写真によって主要な内容が構成されている書籍のこと。 一般に英訳の際は、Photo Book と記載されることが多い。
[関連情報:商品撮影