株式会社黒柳建設

Home > 建築設計 > 株式会社黒柳建設

注文住宅なら東京の工務店【黒柳建設】外断熱・長期優良住宅


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

木造の注文住宅を東京で建てるなら小金井市の黒柳建設にお任せください。涼温な家・涼温換気SA-SHEの家で、住み心地良いの健康的なエコハウスをご提供いたします。優れた外断熱の注文住宅をお考えならぜひ一度お問い合わせください。

「今社宅で不自由がないなら、無理して家を買うことないんじゃないの?」姉のその言葉に、皆が頷く。妻と同じ言葉だった。別に無理矢理家を建てようというのではない。返済の年月を考えると、ここ数年のうちに決断しなければならいという話だ。「ここらのような田舎ならともかく、東京では尚更だわよ」「社宅にはいつまでも居てはいけないとかの、決まりがあるのか?」これは父だ。そんなものはないけれど、年齢が上がるにつれて現金買いの比率が高くなっていく。定年退職と同時に、退職金で家を買った人がいたはずだ。 「まあローンを組もうと思うと、25年とか30年かかるわけだからな。気持ちは分からないわけではないが」「なるべく早く、完済したいんだよ」姉が軽蔑したように自分を睨む。「あなたのとこ、子供がまだ小さいから分からないんだろうけど、これからお金嫌と言うほどかかるから。何で子供産まなくなってると思ってんのよ」それを言われると耳が痛い。自分の中にブレーキがあるとすれば、それだけだった。 妻も子供が保育所に行けるようになったら、仕事に出たいと言っている。教育費のことが心配だからだ。もともと家に落ち着いているタイプではなかったし。「そんな時に、家を建てようなんてよく言えると思うわ。注文住宅がいくらするか分かってるのかしら」と妻の猛反対に遭い、今はこうして実家からもブーイングを食らっていると言うわけだ。 「一度、シミュレーションしてみればいいよ。ボーナス払いは少な目に見積もるんだぞ、いつなくなるか分からないからな」「それと教育費もね」帰りの車の中で、色々なことが頭を過ぎる。昔の人は、よくやってこられたものだ。今よりも、子供もたくさん生んだのに。父が言うように、一度試算してみよう。それできちんと返済していけるのか、教育費は大丈夫かチェックすることにしよう。話はそれからでも遅くはないはずだ。

注目キーワード

公営住宅
地方公共団体が国の補助を得て建設し、賃貸する住宅。 県営住宅、市営住宅など
賃貸住宅
賃貸借の契約に基づき、他人に貸し出すことを目的とした居住用建物の総称。 形態はアパート、マンション、貸家(一戸建ての賃貸住宅)と様々である。 [http://b.hatena.ne.jp/articles/201102/2276:detail] [http://...