リフォームお助けマン

Home > 住居・家屋 > リフォームお助けマン

京都市・向日市のリフォームお助けマン|蒲原工務店


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

お客様のご要望に全力投球!!京都市・向日市のリフォームなら蒲原工務店におまかせください。よくあるご相談、施工事例、業者の選び方、費用の目安などを掲載しています。

ふ~~なんかさぁ、何でこんな蒸し風呂みたいに暑い時期にこんなことしてんだろうって思ったよ、いきなりだけど(笑) 賃貸だから大掛かりなリフォームってできないんだけど、だからこそやりたくなるんだよね。 で、最近ずっっと「フレンチカントリー」って気になってたって言うか気に入ってたって言うか(笑) 家事の合間に息抜きで見てるSNSでよく見るの! プチリフォームとかプチDIYとか♪ 賃貸だから壁くり抜いて棚入れ込んだりドアぶち壊したりなんてことはできないけど、やり方によっては同じようなことも出来るんだよね。 例えば壁くり抜いて…ならちょっと狭くなるけど棚の奥行分だけ壁の手前に自作でもう一つ壁作ってみたり。 その本物壁と自作壁の隙間のデッドスペースは自作壁のどこかに扉作ったりして物入れにするとかね☆←ドヤ顔 ホームセンターの資材売り場って、買うときに好きな長さにカットしてくれるの♪ 便利でしょ? 大活用させてもらって、やっと完成したのよ! 壁面が広いと大変で、主婦ひとりには無理!ってなっちゃうから、うちはカウンター下のスペースにしたよ! だったら高さもそんなにないから材料もある程度で済むし。 両端をカラーボックスで挟んでその間をさっき言ったみたいな奥行のある壁にして、くり抜いて棚入れた♪ 正式名称?はニッチって言うんだよ。 で、カラーボックスごと手前に動かして掃除も出来るようにしたの。 いいアイデアでしょ~♪ 超可愛くできたからさ~、ついでに模様替えに突入した(笑) フレンチカントリーってずっと思ってたのに、買い足す装飾がどれもナチュラル系でさ(笑) 結局カフェ風になったんだ☆ もっともっとこだわって統一感出していきたいな~! 元々昔から模様替えは好きで、急に思い立ってひとりで家具動かして…って中学生ぐらいの時からしてたんだけど。 結婚してからは結構日常に追われちゃって(笑) こんなに本格的にしたの久しぶりだな~ ほんと楽しかった!夢中で作業してたよ。 無心だから「いつの間にか夕方」もあったよ(笑) で、結局トータルで何時間ぐらいかかったんだろう?20時間ぐらいかな? 壁と棚作ってたのがほとんどだけどね(笑) 次は、トイレのタンク周りを棚にするんだ♪ 去年女子会で集まったダイニングバーのトイレが超オシャレで好みだったんだよね~~ 今回ので自信をつけたから近いうちにまた始めるよ☆ 楽しみ~早速明日から設計にとりかかるよ。 なんて、格好つけたけど幅とか測ってそれに合わせて高さとか考えるだけだけどね(笑)

注目キーワード

悪質住宅リフォーム
→悪質リフォーム
悪質リフォーム
住宅リフォームで悪質なもの。不必要な工事や法外な料金請求など。 2005年は、認知症の老人につけこんだ「次々販売」が問題になったりした。
[関連情報:京都市 リフォーム