ペットパパ

Home > 暮らし > ペットパパ

東京のペット火葬・葬儀|ペットpapa(ペットパパ)


葬儀の関連情報

葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の一部である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ペット火葬、ペット葬儀、移動ペット火葬車を使った東京のペット訪問火葬サービスです。スタッフの作る可愛い手作りグッズがペット火葬、ペット葬儀を優しく演出します。ペットらしいお別れを、ご一緒に。

一昔前まで、亡くなったペットはそのまま庭に埋められるというのが一般的でした。中には人気の無い山などに置いてきてしまう人もいました。しかし、近年ではペットも家族の一員であるという考えがより一層高まってきています。そのため、火葬を行うところが多いですね。しかし、火葬をした後はどうなるのでしょうか。 例えば猫の火葬は、終わった後そのまま骨壷を家に置いていたりする方がまだまだ多いです。お墓ではなく、納骨堂を利用する方も多いですよね。つまり、納骨する段階でどこに行けば良いのかその場所がよくわからないという飼い主さんがとても多いのです。そこで、ゆっくり眠るためにはどんな場所が良いのかご紹介させていただきますね。 まず、近年増えているのがペット霊園にあるお墓です。今はまだ納骨堂の方が一般的かもしれませんが、今後はお墓を利用する方がどんどん増えていくことでしょう。エリアによっては新しいお墓に予約が殺到したなんて話もあります。 次に、骨壷のまま家に置いておく場合です。しかし、これは否定的な方が増えてきています。人間の場合、家にそのまま置いておくとゆっくり休めないから成仏できないと考える方が多いですね。そのせいか、ペットも同じようにちゃんとお墓などに入れてあげようと考える方が非常に増えてきています。 また、海洋葬などの一風変わった方法も注目されるようになりました。これは人間と同じですね。人間でも海洋葬を希望される方は多いです。特に海辺に住んでいた方の場合、よく一緒に遊んでいた海へと考える方が多いのだとか。 このように、納骨をするにしてもさまざまな方法があります。今後一般的になるのはペット霊園のお墓でしょうが、予算が足りなかったりとさまざまな理由で利用できない場合もあります。通える距離にペット霊園が無いというケースもあるでしょう。どうしても通いたいという場合は骨壷に入れてのいわゆる手元供養や自宅供養になります。しかし、基本的には霊園に納骨するのが一般的ですね。

注目キーワード

青山葬儀所
正式名称東京都青山葬儀所。現在は日比谷花壇グループが管理運営している。
葬儀委員会
社葬や団体葬、偲ぶ会などを運営するために設置する委員会のこと。役員クラスがメンバーとなる場合が多い。
[関連情報:ペット火葬 東京