カリアゲ

Home > 建築設計 > カリアゲ

東京の空き家を内装費用負担でサブリース|かりあげ


リノベーションの関連情報

リノベーションとは、 リフォームと比べて大規模な建物の改修のこと。本項で詳述する。 英語のrenovationは建物の改修のこと。英語でreformは改宗、心を入れ替えるという意味で建物の改修の意味には使われない。リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり付加価値を与えることである。マンションの一部屋から一棟、また、木造・RC造・鉄骨造等、特に構造に関係なく行うことが可能。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京の空き家を内装リフォーム費用負担で、サブリース。ルーヴィスのカリアゲは空き家の借り上げを行なっています。形態問わず築30年以上で1年以上空室が続く物件を、改修し価値ある部屋へと再生します。

空き家が東京に多いと聞く。 古くはバブル期に、近年ではリーマンショックの時期にたくさんの人々が一戸建てやマンションをやむなく手放した。 景気の良い時には不動産投資家らがこぞって高級マンション、宅地、高級住宅などをどんどん購入したため、 それらの価格はうなぎ登りで上昇していった。 その様な状態があまりにも過熱し、 土地ころがしと呼ばれる人たちが出現し、 土地を買っては売り、差額分でどんどん懐を潤していった。 さらに一帯の土地を買い漁り、大きなビルやマンションを建てたいがために、 その土地に住んでいる住人を強引に立ち退きさせようとする地上げ屋なるものまでが横行するようになった。 地上げ屋による行き過ぎ行為には、住居にダンプカーを突っ込ませるような人命に関わる事件までに発展することもあった。 その当時に乱立された高級住宅や高級マンションなどを購入した人がローンを払えなくなって手放し空き家、空き部屋になっている。 それらは景気が悪くなるとなかなか売却が難しくなり、マンションによっては一棟ほとんどが空き部屋という考えられない状態になっているケースもある。 そのような「無駄部屋」を震災の被災された方々に住んで頂くような有効利用を東京都が積極的に推し進められるといいのかもしれない。 まだ日本の各地域で不自由な仮設住居、避難所での生活を余儀なくしている方も多い。 2020年の東京オリンピックでは海外からの観光客で、宿泊施設が足りないという試算もある。 万が一、せっかくの観光客を十分に受け入れられなかった場合には、経済的にも対外的にも大きなマイナスとなる。 そこで空き家、空き部屋を宿泊施設として有効に活用出来ると両方の問題にメリットがあると考えられる。 住みたい人と住んでもらいたい人、そのマッチングこそが一番難しく、一番大切なポイントだと言えるだろう。

注目キーワード

リノベーション
建物を大幅に改修すること。 古い建物を新しい状態に戻すことではなく、建物に新たな付加価値を与えることを目的とする。リフォームとの明確な定義の違いはないが、一般に大規模な設備更新や間取り変更などを伴うも......
リノベーション住宅推進協議会
[関連情報:空き家 東京