DoctorUP

Home > サービス事業 > DoctorUP

現役医師の節税・税金対策のための不動産投資【DoctorUP】


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

節税をお考えの医師の皆様、不動産投資のDoctorUPへ是非一度ご相談下さい。日々社会に貢献している医師の皆様が経済的にも恵まれますように、それがプルアップの願いです。

僕が医師を目指すようになったきっかけは、 小学生3年生の頃に夢中になって読んだ漫画「ブラックジャック」だ。 ブラックジャックは医師免許を持たないが、医師としての腕は超一流で、 他のどんな医者からも見放された患者も治してみせる。 生死にかかわる交通事故の患者の命を緊急オペで救ったこともある。 不治の病と言われて様々な病院をたらい回しにされていた難病の患者を見事に治してしまったこともある。 その代わりに法外な治療費を請求する。 つまりお金のある患者でなければブラックジャックには治してもらえないのだ。 もちろん僕は正当な医師免許のある医師になりたいと思ったが、 やはり他の医者から見放された患者さんの難病を治してみたいと考えた。 自分の親族や知り合いなどが病死したこともあったので、 それが気持ちを後押ししたのだ。 そして多くの患者さんから感謝されて収入もたっぷりと得られるようになるのが理想だった。 やはり良い仕事をするためにはたくさんの収入を得て、 ある程度ゆとりのあるぜいたくな生活をすることが必要だ。 それが仕事への活力となり、モチベーションも上がることになる。 僕にとってお金は二の次などと言うのは非現実的な言葉に過ぎない。 やはり自分の生活がぎりぎりだったりすると、 本当に他人の命を大切に考えることが容易ではなくなる場合もあるはずだ。 しかし、もしたくさん稼いだ場合、 医師の節税対策はどのように考えるべきだろうか。 医師のように所得が大きくなればなるほど、 税金の割合が半端なく大きい。 実際にとある医師が話していたのだが、 所得税と住民税で支払う額があまりにも大きいので驚いたらしい。 そこでその医師は節税対策として不動産購入を検討しているという。 不動産の購入となれば、金額も大きいので節税の効果はかなりあるし、 将来的にも自分で使うなり、賃貸物件にするなり、様々な活用法が考えられる。

注目キーワード

総合病院
内科や外科などの主要な診療科を有している病院のこと。日本では主に許可病床数100床以上で、最低でも内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科の5科を設置している病院を指す。
精神病院
精神科病院の旧名称。2006年、精神病院の用語の整理等のための関係法律の一部を改正する法律(精神病院の用語整理法)の制定で変更になった。 →精神科病院