Renotta

Home > 住居・家屋 > Renotta

大阪で空室対策ならリノベーションブランド【リノッタ】


リノベーションの関連情報

リノベーションとは、 リフォームと比べて大規模な建物の改修のこと。本項で詳述する。 英語のrenovationは建物の改修のこと。英語でreformは改宗、心を入れ替えるという意味で建物の改修の意味には使われない。リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり付加価値を与えることである。マンションの一部屋から一棟、また、木造・RC造・鉄骨造等、特に構造に関係なく行うことが可能。
※テキストはWikipedia より引用しています。

空室対策なら大阪の㈱さんらいずへ。不動産賃貸管理業務30年以上の実績・ノウハウと、株式会社クラスコが開発したリノベーションブランド「Renotta」で、平均25日の空室解消実績。満室経営の喜びを大阪のオーナー様へ。

マンション・アパートの空室率の上昇を食い止め、改善するためにはまず原因を究明することが大事です。リフォームやリノベーションで新しく清潔な環境に生まれ変わらせたり、最新の設備を導入すれば空室率は改善される印象もありますが、実際にはそんなに甘い話ではなく、せっかく高額の費用をかけてリノベーションしても期待したほどの効果が得られず、ますます負担を増やしてしまうだけに終わってしまうことも少なくないのです。逆に原因究明をしっかり行い、その改善を第一に空室対策を行っていけば費用をそれほどかけずとも空室率を改善することは可能です。 そのためにも集団住宅における空室率の上昇にはどういった原因が考えられるのか、あらかじめ確認しておく必要があります。この原因には大きく分けて内的な要因と外的な要因の2種類が考えられます。外的な要因とは物件そのものではなく周辺環境や社会状況の変化によって生じたケースのことです。例えば離れた地域にある駅周辺で開発が行われた結果立地条件があまりよくなくなってしまった場合。逆に周辺地域の開発が進んで大規模な新築マンションが建てられてそちらに入居者が集まってしまった場合。さらに景気の悪化によって現在設定している家賃では入居者が集まりにくくなってしまった場合などが考えられます。 一方内的な要因では老朽化や設備・環境が時代のニーズに合わなくなってしまうことによる物件の魅力の低下のほか、物件の評価と家賃設定が噛み合わなくなってしまうといったケースが考えられます。 空室率が上昇している集団住宅ではたいていこの外的な要因と内的な要因の両方が複雑に絡み合っていることが多いため、よく見極めたうえでまずは内的要因の改善を図りつつ、外的な要因をどうカバーしていけるかを考えていくことが大事なのです。例えば立地条件があまりよくなくなってしまった場合には家賃を下げるのも対策のひとつになるでしょうし、審査を緩くすることでより幅広く入居者を集めるといった方法もあります。一方内的な要因でもリフォーム、リノベーションだけでなく家賃の値下げやより充実した環境づくりのために管理会社を見直すといった方法も視野に入れる必要があります。こうした原因究明を空室対策にどれだけ有効に結び付けられるかが成果に大きな影響を及ぼすことになるでしょう。

注目キーワード

リノベーション住宅推進協議会
リノベーション
建物を大幅に改修すること。 古い建物を新しい状態に戻すことではなく、建物に新たな付加価値を与えることを目的とする。リフォームとの明確な定義の違いはないが、一般に大規模な設備更新や間取り変更などを伴うも......